昨日、中抜けをし、区役所を訪れる。
ソファーは待ち合いの人で賑わう。
688番の方~
待順が長いので、区役所の外で待つ人が多い。
呼ばれてすぐ、ハイ!の感じではない。
なかなかのペースだ。
!? ダブルダレ
々  漢字返し
~記号にも名前があります~とか
暇をもてあます
ほぼ 北区民の為
寝落ち寸前の私のため
雑学情報が流れる

と、ふと見上げると
三丁目によく来てくたさる あの女性
モニターのなか
取材を受ける
え、いや あれ
あんなところで
いやいやいや、ウソやん
すごいやん
え、あの人すごいや~ん!
目覚めとともに
彼女の職業を知る

夕方、再び三丁目に出勤
お客様を見送ると
ふっーと あのお客様のことが
頭をよぎる
来い来いこーい!
今から、マッサージいらっしゃ~い!
心の中で叫ぶ
そら、硬いはず
そら、凝るって
謎が溶けたぶん
お会いしたい

チロリチロリ~♪電話が
「お電話ありがとうございます
三丁目マッサージです」
「ひさしぶりですね~」
「22:00~ですね
おとりしておきますね 〇〇さん」

○○さん
〇〇さん
きーたぁー!!!