一か月ほど前から実践している

腰の痛みには「腹筋」

肩の痛みには「ダンベルの付加かけ」

が功を奏して、随分 どちらの痛みも

マシになってきました。

というか普通にテニスをしても気にならないくらい

普通に動かせるようになってきました。

やはりどこか「痛む」ということは

この歳になってくると、その周りや関連してる部位が

弱ってきてる、ということになってるみたいです。

腰なら表裏の関係で腰(裏)が痛むなら腹(表)、

肩なら肩の周辺、つまり腕の付け根、脇(小円筋、大円筋)、三角筋、と

いうふうに周りの筋肉を鍛えることが大切なんだと

実感しました。

今後も、衰えないように筋トレは続けていこうと思います。